サーモカメラコンソーシアムとは

設立の背景

2020年以降、新型コロナウイルスの全世界的な感染者拡大により、大規模商業施設から街の病院まで、人が出入りするあらゆる場所における感染症対策が急速に整備されています。

感染症対策の一つとして、サーモカメラによる検温も急速に普及していますが、マスクやアルコール消毒液とは異なり、サーモカメラはこれまで一般的に広く普及していた機器ではないため、いくつかの問題点も生じております。

サーモカメラ利用拡大に伴う課題点についての画像
サーモカメラ利用拡大に伴う課題点

まず、サーモカメラは精密機器であるため、設置環境や使用方法、メンテナンスについて、適切な取り扱いが必要となりますが、屋外や気象条件の影響を受けやすい場所への設置や、メガネ・帽子などの着用による影響など、様々な要因により、正しい検温結果が得られないことによるトラブルも増えております。

また、サーモカメラ購入の際の機器の選定についても、分かりやすい指標がなく、測定精度や測定距離など、お客様が期待した精度や性能が得られないといったケースもございます。

そこで、この度、お客様に対する適切なサーモカメラ使用ガイドラインや、サーモカメラ機器性能基準の策定及び普及を目的とし、国内でサーモカメラを提供している複数のメーカ共同で「サーモカメラコンソーシアム」を設立することになりました。

本活動により、ニューノーマルのライフスタイルを実現するアイテムの一つとして、サーモカメラをご利用頂けるようになることを期待しています。

「サーモカメラコンソーシアム」を設立についての画像
適切なサーモカメラ使用方法の策定・啓蒙、及びサーモカメラ機器の信頼性向上を目的とし、「サーモカメラコンソーシアム」を設立。
「サーモカメラコンソーシアム」の構成図
3社の幹事会社にて、本コンソーシアム立ち上げを推進。国内メーカ様、及び有識者様の参画を募集中。

構成員

会長アイリスオーヤマ株式会社 代表取締役社長 大山 晃弘
理事・アイリスオーヤマ株式会社 BtoB事業グループLED・loTソリューション事業部 事業部長 本所 翔平
・ダイワ通信株式会社 常務取締役 前田 憲司
・日本コンピュータビジョン株式会社 COO 本島 昌幸
幹事会社・日本コンピュータビジョン株式会社
・アイリスオーヤマ株式会社
・ダイワ通信株式会社
賛同会社・株式会社TACT、その他数社協議中
アドバイザリー
※敬称略、五十音順
・大阪弁護士会 花水木法律事務所 弁護士 小林 正啓
・認定NPO法人バイオメディカルサイエンス研究会 理事長 瀬島 俊介
・一般社団法人 電子情報技術産業協会 個人データ保護専門委員 半谷 真也
・公益社団法人 日本消費生活アドバイザーコンサルタント相談員協会  
 監事 古谷由紀子

概要

名称サーモカメラコンソーシアム(Thermo Capra Consortium)
設立2021年4月23日
対象デバイス温度検知デバイス(サーモカメラ)※顔認証との連携機能を有するものを含む
住所東京都千代田区麹町2-5-1
日本コンピュータビジョン株式会社内
サーモカメラコンソーシアム事務局

組織図

「サーモカメラコンソーシアム」の組織図

活動内容

1、サーモカメラに関するガイドラインの策定
2、サーモカメラの機器性能評価に関するガイドライン及び評価環境の提供
3、サーモカメラに関連する適切な情報取扱いガイドラインの策定
4、サーモカメラに関する正しい利用方法の啓蒙活動
5、サーモカメラに関するセミナー、イベント等の開催
6、サーモカメラに関する関連団体等との相互交流、情報交換等の活動
7、その他、本コンソーシアムの目的を達成するために必要な事業

活動実績

2021年4月23日コンソーシアム設立・記者会見実施